karisomeciontents



アバウト        ホーム        ブログ        マイアカウント        お問い合わせ

2017/04/03

moi.toi./AYATORI


日中の穏やかな気候につられて

お花見に出掛ける方々を見かける4月。

4/8-4/14のmoi.toi.展示・即売会まで間も無く。

先日は、

 moi.toi.のtouch to heart シリーズを紹介させて頂きました。

本日は

「AYATORI」

を紹介させて頂きます。

”あやとり”

1本の糸や紐(ひも)を輪にして両手に掛け、

おもに指を使って糸のつくりだす形を変えてい
く遊び。

二人あるいは数人で互いに糸を取り合って、

次々と形を変えていく「ふたりあや」や、

「はしご(橋とも)」「ほうき(松とも)」など一人で形をつくりあげたり、

手指や腕に絡めた糸を引き抜く手品のような遊び方がある。

日本固有の遊びに思われる方も多いかと思いますが、

呼び方、織りなす形は違えど

世界各地で類似した遊びが存在している様です。

大昔、人類が紐を手にした時から自然発生的に生まれ、

代々伝承されて今に至るのではないでしょうか。

”あやとり”を再解釈した”AYATORI”

以下、着用画像になります。





一見すると複雑に絡み合うネックレスといった印象ですが、

デザインは限りなくシンプルです。

ステンレスの筒に細いゴムの糸が通し、

ひとつなぎになっています。

筒の節目が関節の様になり

複雑かつ偶発的な佇まいをしています。

ステンレス部分は

直線とカーブしたものがあり、

karisome店頭では、

装いに応じた長さのサイズ展開(S,M,L)を

ご用意しております。



また、ゴム部分は7種類のカラー展開があり、

オーダーの際にお選び頂けます。



さらに、ピアスパーツでご購入で

以下の着用画像の様に

ピアスのモチーフとしてもご利用頂けます。



シンプルながら、身に付ける人の想像力を喚起させる作品。

遊びの原点に向かって作られたと言っても良いかもしれません。

次回も、moi.toi. の他シリーズを

ご紹介致します。

それでは。

nizi

2017/03/24

moi.toi. / touch to heart


3月も終盤になり、

「一月住ぬる、二月逃げる、三月去る」

という言葉の通り

新年を迎えてから月日の経過に驚かされます。

本日は、前回に引き続き

新しくお取り扱いさせて頂く、

「moi.toi.」の作品について、

一部ご紹介致します。

moi.toi. / "touch to heart" シリーズ


言葉の通り”人の心に触れる


「私(moi.)のジュエリーが、

君(toi.)の心にそっと触れ、

居場所となり、力となることができますように。」

moi.toi.のジュエリーに対する考え方の根幹を思わせる名称。

デザイナー曰く

ジュエリーは箱のようなもので、

着ける人はどんな想いでも、その箱に入れていい。

そのため、箱や器など

何かを包み込むような造形。

想いは人それぞれであるように、

箱の形も、纏まりあるものから、歪なものまで。


以下、詳細をご紹介致します。

-touch to heart 1-




リングの端部に箱や器のモチーフが接地しているようなデザイン。

箱のモチーフは、

シルバープレートを紙と共にプレスし、

金属を感じさせない、和紙のような表情。

器のモチーフは、

日本茶碗を感じる、固有な曲面と

シルバー本来の美しさに感嘆します。


両者とも、内側に金箔が貼られ

中と外を強調した建築的な表現。

写真はアートピースとしてのジュエリーを体現したものであり、

karisomeにて取り扱う際は

モチーフのサイズ展開(S.M.L)を予定しております。


-touch to heart 2-





touch to heart 1とは異なり、

内と外が表裏一体となるようなデザイン。

まるで、植物が手に纏わりつくような印象を受けます。

こちらはサイズが2種類(M,L)あり、

微調整することも可能です。

-touch to heart 2 (花形)-




花びらをモチーフとした自然的なデザイン。

内側には金箔が貼られ、

その造形や、金箔の表情は

個体に応じてバリエーション豊かです。

こちらは、ピアス(S,M,L)と、リング(S,M,L)

を展開しております。

以上、moi.toi.のtouch to heartシリーズを

紹介させて頂きました。

細やかな表情や、類を見ない形は、

是非、直接ご覧いただきたいものです。

次回は、moi.toi.の別のシリーズを。

それでは。

nizi

2017/03/15

「moi.toi. 」新規取扱ブランドのご紹介/展示&即売会のお知らせ


こんばんわ。

夜間は寒さが残るものの

ねこやなぎの蕾のふくらみに

春を感じる3月も後半。

入学、卒業、就職、新生活など

それぞれの節目の季節となりました。

皆様はどのようにお過ごしでしょうか?


この度

karisomeでは

nibi/cycsに引き続き、

新たなジュエリーブランドを

取扱させて頂きます。


『moi.toi. (モワ・トワ)』



以下HPより引用。

-かさなり・皺・震え・揺れ・捩れなどを多く取り入れた

”自然体”にこだわった、

コンセプチュアルでユニークなジュエリーを展開しています。

自然の一部のような佇まいで、

人の本来の美しさと豊かさを引き出します。-



私がジュエリーに魅了されたのは、

その起源にあります。

狩をする時代、

お守りとして動物の牙に穴をあけ紐を通したものが、

ジュエリーの始まりだったようです。

狩から男性が無事帰ってこれるよう、

家族が願いをこめて作ったそれを、

男性は<守られている>と信じたであろうと、私は思います。

現代でも、結婚指輪のように、

お守りのように着けている方は多いと思いますが、

そもそも、何の意味も持たなかったものが、

着け手の 心に触れる ということ。

それは、そのジュエリーに心を開いて、愛したから。

それこそがジュエリーの魅力だと感じています。



私(moi.)のジュエリーが、

君(toi.)の心にそっと触れ、

居場所となり、力となることができますように。



元来、人から人へ、

”物”に対して願いや信仰心を宿らせてきた歴史の経緯を考えると、

思いを気軽に伝えられる現代だからこそ、

リアルなものに対して思いを馳せることの大切さを感じさせてくれることでしょう。

それは、単なる”物”ではなく、

人の心を動かす力を宿していると考えます。


以下、作品の一部を紹介致します。






また、新規取扱が始まる4月に合わせて、

moi.toi.の作品の世界観をご覧いただける、展示&即売会を開催致します。

『moi.toi. 展示&即売会 in karisome』

期間

4/8(sat)-4/13(fri)

(4/8-4/9はデザイナー来店)

13:00-20:30

デザイナーの思いを肌で感じていただける贅沢な時間。

お一人様でのご来店はもちろん、


大切な方もお誘い合せの上


ご来店頂けますと幸いです。


個々の作品の紹介は後日させて頂きます。

karisome



2017/02/07

kokochi sun3 / shop order sample


kokochi sun3

MUKU










23.0cm












24.0cm













26.5cm













27.5cm






kokochi sun3

kaza-ana










23.0cm













24.0cm













27.5cm




現在、店頭でご覧頂けるkokochi sun3の

靴は写真の7点で御座います。


各モデルの詳細に関しましては、

下記のブログをご覧頂ければと思います。



ブランドご紹介ブログ

kokochi sun³



MUKUご紹介ブログ

kokochi sun3 / MUKU


kaza-anaご紹介ブログ

kokochi sun3 / kaza-ana